石焼き芋を自分で作ってみる

石焼き芋を自分で作ってみる

年末になると、石焼き芋の車をよく見るようになります。石焼き芋のスピーカーマイクを聞くと、寒くなったと実感してしまうのです。

 

その石焼き芋ですが、最近はめっきり価格が上昇してしまい高価になってしまいました。

 

地域によっては安い石焼き芋屋さんもあるかもしれませんが、少なくとも私が最近買った石焼き芋は全て高いのです。

 

大きめの芋1個で、カツ丼が食べられるくらいの価格になっています。

 

ですが、確かに石焼ものは美味しいので、今後も食べたいのです。

 

blog.livedoor.jp/florizy

 

という事は・ ・ ・自分で作ってみようということになったのです。

 

さつまいもを、しっかりと芯まで加熱するために電子レンジに入れます。

 

その後で、焦げ目を作るためにグリルで焼いてみたのです。

 

すると・ ・ ・

 

 

「微妙な味・ ・ちゃんと焼けてはいるが」

 

 

これは失敗だと思うのです。

 

 

石焼き芋の美味さは、電子レンジとグリルでは作れないようです。

 

皮を剥いていない芋なのに石の何が伝わってしまうのか? 一つの考えとしては

 

 

「火力が弱すぎるのかも? 」

 

 

と思うのです。

 

かなり昔にたき火をしている時に、さつまいもをアルミホイルで包んで火の中に入れたことがあるのです。

 

30分程度で火は消えて、念願の芋を食べようとしたら・ ・ ・そのほとんどが灰になっていたのです。

 

なので、 たき火は意外と強火力ということ。

 

石焼き芋も一緒なのでは?

懸賞生活に挑戦中

 

適当にボックスに入れて出したレシートを集めて応募という懸賞で、家族旅行を当てたことをきっかけに、懸賞というものにはまってしまいました。

 

それまではどうせ当たらないだろうという思いもあって、せっかく懸賞の応募条件を満たしてもハガキなどを出さなかったりすることが多かったのですが、今はそれをとても後悔しています。

 

懸賞で生活していて、月に何度も当選しているという人もいるようですし、やはり応募すれば当たらないものではないのですね。

 

旅行も商品券も家電製品も、何が当たってももらえるのは嬉しいですし、これからばどんどん応募していきたいと考えています。

 

それと共に、今後は当たるコツというものも意識してみたいと思っています。なんでも懸賞には、当選しやすくなる極意というものが存在しているらしいですね。目立つようにハガキを書いたり、いろいろと工夫できることがありそうです。

 

その中には、応募は一つのものに付き一口までというものがあって目からウロコでした。出せば出すほど当選確率は上がるものと思っていたのですが、懸賞に多く当たっている人はそう考えてはいないようです。

 

それにならって今後は、一球入魂の思いで幅広く多くの懸賞に応募していきたいと感じます。

心身ともに癒されるハーブティー

 

心と体を癒すために、最近ハーブティーを飲むことが多くなりました。

 

お気に入りのハーブティーは色々ありますが、最近の一番のお気に入りはローズヒップティーです。

 

ローズヒップは、美肌効果にとても優れているハーブティーの一つなんですよね。

 

ローズヒップの栄養分を余すことなくすべて摂取できるよう、市販のティーバッグを購入するのではなく、乾燥させたローズヒップの実を購入し、自分で砕いてハーブティーを作っています。

 

ハーブティーとしてお茶を抽出した実の部分は、ヨーグルトやハチミツなどと混ぜて食べるようにしています。

 

何かと混ぜずに食べるよりも、ヨーグルトなどに混ぜたほうがより美味しく食べることができるんですよね。

 

また、カモミールティーも普段からよく飲んでいます。

 

カモミールもローズヒップと同じく、美容効果に優れていますし、精神面を落ち着かせる作用もあるので、ストレスが溜まったときなどに飲むことが多いです。

 

香りもすごくお気に入りで、香りを嗅ぐだけでもリラックス効果を得ることができます。

 

ハーブティにはたくさんの種類があるので、これからはもっと色々な種類のものを試してみたいと思います。

 

何種類か、お気に入りのハーブティーを見つけられたら、日替わりで毎日違ったものを飲むのも楽しそうですね。